――――― 感染症対策のお願い ――――

感染症対策のために以下、1〜12の項目をご確認下さい。
ご理解頂いた上で、お越し下さい。ご協力お願いします。


1.マスクは必ずお持ち下さい。外トイレや玄関を含め、小屋内では
  必ずマスクの着用をお願いします。

2.小屋に入る前には、必ず手洗いもしくは手指の消毒をお願いします。
   (アルコールなどの消毒をお持ち下さい。小屋でも設置します。)

3.ゴミを密封して持ち帰れるようにジップロックなどをお持ち下さい。
  (ご自分で持ち込んだもののゴミは必ずお持ち帰り下さい)

4.テントの方や通過の方は受付、売店及び軽食利用、外トイレ
  利用以外での小屋のご利用はできません。
  狭い玄関での密集を避けるため、悪天候時の小屋玄関での
  雨やどりや濡れた荷物の整理など不要な立ち入りはやめて下さい。

5.小屋受付での混雑と密集を避けて頂くため、同行者全員の名前、
  電話番号が分かる「宿泊名簿」(以下よりダウンロード可能です。)
  や登山届のコピーを お持ち頂き、小屋での受付時にご提出下さい。
   (ご宿泊される小屋ごとに必要です。複数枚お持ち下さい。)

      宿泊名簿 word版     宿泊名簿 PDF版


6.万が一、37.5℃以上の発熱や咳や感染症の疑いのある方は、
  場合によっては小屋で用意したテント等に隔離させて頂きます。
  小屋スタッフの指示に従って下さい。

7.悪天候による予定変更の場合でも、小屋が満室の場合はお泊り
  頂けません。天気予報を十分に確認の上、お越し下さい。

8.召し上がって頂く場所の関係で、軽食の提供は10時〜15時です。
  ・小屋の外のテーブルは、対人距離をとってお使い頂きます。
  ・軽食等ご注文頂いた方のご利用のみです
  ・ご注文の品が到着後30分を目安に他の方に席をお譲り下さい

9.今年の救助活動は、全ての方に対し感染症である疑いを持って
   接する必要があり、今まで以上に大変な救助活動になります。
   ※無理をして疲れたりすると、感染の可能性も高くなります。
   いつもより荷物の量を減らす、大雨が降り寒いような悪天候時は
   行動しない、などいつも以上に余裕のある計画を心がけて下さい。
   無理な行動は絶対にしないで下さい。

10.出発前には必ず検温をして頂き、37.5℃以上の熱がある場合や
   咳や咽頭痛、けん怠感など体調不良、味覚に違和感を感じている
   などの症状がある場合は、絶対に山行を中止して下さい。

11.山行前2週間以内に次の@〜Cが当てはまる方は山行はご遠慮下さい。
   @海外に渡航歴のある方
   A感染の疑いがある方と接触した可能性のある方
   B37.5℃以上の発熱や咳のあった方
   C喉の違和感や味覚違和感等あった方
   D劇場やライブハウス、夜の街など一般的に感染が疑われる
     と言われている場所への出入りがあった方
   など、少しでも気になることがある場合は山行はご遠慮下さい。

12.山行の途中で体調が悪化した場合は、山行を中止して下さい。
  (体温計をご持参頂き、登山口でも検温して頂けるとありがたいです)


※山の上では対処できることが限られます。
  山行に際しては、くれぐれも慎重にお願いします。

ご理解頂き、どうかご協力をよろしくお願い申し上げます。





戻る